お気に入りの額縁

楽しくもあり意外と難しい額縁選び

額縁は、絵画や写真を飾る際の必須アイテムです。私の場合は、絵画には馴染みはありませんが、趣味が写真撮影で、自分で撮影した写真を額縁に入れて飾る事が多く、そんな中で額縁選びの楽しさと難しさを感じています。

 

額縁は単なる道具や添え物ではなく、どんな額縁に絵画や写真を入れて飾るかで、絵画や写真の雰囲気が大きく変わり、またインテリアとしても部屋の感じを大きく変化させるものです。こうした側面から、額縁選びの難しさがあります。

 

また、写真を飾る場合にはA4サイズ以下がメインですが、このサイズ程度なら、100円均一でも販売されていますし、額縁専門店では立派で高価な物まで、価格も様々なのです。

 

額縁と中に入れる絵画や写真の価格、価値とのバランスと言う点でも、どのような価格の額縁を購入すべきかが、考えると難しいのです。

 

私の素人撮影の写真の価値が良く分からず、最初は困惑しましたが、利用しているストックフォトサイトのサイズ別販売価格が500円〜3200円である事を参考に、自分のお気に入りの写真の価値をA4で3000円と設定して額縁のつり合う価格を設定しています。

 

A4サイズですっきりとした額縁としては、銀色でメタリックな枠の細い額縁を定番とし、それより小さいサイズは額縁自身をインテリアとして優先的に選び、そこに合う風景や花の写真を入れて飾っています。

 

小さなサイズでは写真の価値より額縁の価格が高くなる事もしばしばですが、これは額縁自身がインテリアなので良しとしています。

 

この様に、額縁選びは楽しくもあり、意外と難しくもあります。額縁専門店や雑貨店にはインテリアとして欲しくなるものが沢山ある事に驚かされます。一度覗いて見られる事をお勧めします。

額縁について

額縁は賞状などを入れて家庭の部屋や事務所の特定の個所に固定して利用します。その素材は木製から金属製まであります。写真に利用するパネルは額縁に該当するかどうかは判りません。そのような事から額縁は個人の栄誉等を入れて飾ることが出来ますので他人でも鑑賞する事が出来ます。

 

特に仕事で使用する場合がありますが、その場合は資格試験の合格証になり他人の見える個所に置くことで認知されます。資格試験の合格証の話が出ましたので大切な事があります。物事の依頼により合格証は異なりますが事務所に入りますと必ず確認する事です。その呈示がありませんと偽と言う事になります。どの業界でも合格証を提示するのが義務付けられています。その合格証が無ければ偽という事になっています

 

そのようにして額縁は家庭でも使われていますが人により合格証などを飾っている家庭があります。外では普通の一般ですが家庭に帰りますと資格を飾っていますので襟を正す事になります。他人が訪れれば目に入りますので黙っていても判ることになります。そのような事で自他ともに目に入る事で利用できる額縁ですが中に入っている証等はが額縁より高価な物である事は言うまでもありません。

 

額縁の通販サイト
http://www.gaku-buchi.jp/
額縁を全国に通販しています。

 

 

額縁の飾り方
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1493411159
額縁の飾り方。知恵袋。

身近な存在である額縁

額縁は多くの人々にとって、たいへん身近な存在として捉えられているのではないかと考えられています。絵画などに代表される美術的な作品や賞状などを収めて飾ることが最も多いとされており、大半の家庭においてはこのような利用目的で額縁が使われているのではないかと思います。近頃ではこのような作品や表彰状などを積極的に額縁に収め、家の中で飾るケースがしばしば見受けられていると考えられています。

 

このような形式で額縁は主に利用されていますが、場広い年代の人たちから身近なアイテムのひとつとして認識されているのではないでしょうか。また、額縁をどのように使うべきなのかを知っている人の割合も、非常に高い水準に至っているのではないかと推測されています。額縁の利用頻度も年々高くなってきつつあり、多方面からその点に関して注目が寄せられるようになってきつつあるのではないでしょうか。

 

今後も様々なところで額縁が活用されていくものと予測されているため、これまで以上に身近な存在として認識されるようになるのではないかと期待されています。これまで額縁を利用したことのない人たちが使うケースも、数多く見受けられるようになるのではないでしょうか。

更新履歴